• ホーム
  • 猫アレルギーの原因と対策

猫アレルギーの原因と対策

猫アレルギーというと猫が苦手という印象がありますが、猫が好きな人でもアレルギーのために触れないということがあります。
では猫アレルギーとはどんなものなのでしょうか。
猫アレルギーは猫に触れると目が充血したり、くしゃみがでたり、咳や鼻水が止まらなくなったりすることを言います。

この症状には軽いものと重いものがあります。
猫が好きな方にも発症しますし、犬よりは猫のほうが発症しやすいといった研究もあります。
腫れや目のかゆみなどが生じることもあります。
猫によっても抜け毛が少ないものやアレルゲンが少ないものもありますのでどんな猫でもアレルギー症状が出るというわけではありません。

アレルギーの原因としては唾液やふけがアレルゲンになると考えられています。
鼻水やくしゃみなどの軽度なものでも一度発症してしまうと現在では治療法が見つかっていませんので毎回反応してしまうことになります。
皮膚のかゆみや呼吸困難といった重い症状を引き起こす可能性もありますので注意が必要です。

アレルゲンには4種類あると考えられており、唾液とフケ以外にも体毛と尿があります。
猫アレルギーはいつ発症するかわかりませんので、現在猫を飼っている方でも発症する可能性があります。
アレルゲンの量が過剰になるとアレルギー症状を発症してしまうからです。
最初は風邪だと思って放っておくと喘息を発症する原因にもなります。
目、鼻、のど、皮膚と症状が現れますので注意しておく必要があります。
猫が寝ていたカーペットに横になった時に皮膚に赤みが現れたり、なめられたりしたところが湿疹のようになったりします。
アレルギーのため完璧な治療薬が発見されていませんし、出産や妊娠などで体質が変わったり、軽度のアレルギーの方が猫を飼い続けていたら免疫が付いたといったことはまれにありますが、ほとんどの場合治りませんので触った手をきちんと洗う、顔に近づけないようにする、尿やフン、毛はきちんと捨てる、部屋を喚起して掃除を徹底するなどの対策が必要になります。

猫を飼う前に猫アレルギーの検査をしよう

猫を飼う前の対策としてはアレルギー検査をすることが大切です。
猫の毛やふけは広範囲に飛び散りやすく同じ空間にいるだけで症状が出てしまいます。
カーペットやカーテンは使わない、猫の毛を良くブラッシングして抜けた毛はきちんと捨てる、空気清浄機を使って部屋を喚起する、マスクと手袋をしてシャンプーしてあげるなどの細やかな配慮が必要になります。
アレルギーの検査は皮膚科で可能ですから、飼う前に検査をしておくと安心です。

猫の行動範囲を決めておくことでアレルゲンが飛び散るのを防ぐこともできます。
アレルギーの検査はあくまでもアレルゲンに反応するかどうかの検査ですので本人に症状がでているかどうかとは異なります。
アレルゲンもフケを対象にしている場合には尿や毛に反応する可能性もあります。
一度治まっても再発する可能性もあります。
ヒスタミンと呼ばれる体内の化学物質が原因となっているものなので風邪の症状とよく似ています。
血液検査のほかには猫カフェなどに行き、実際に触ってみて目や肌に症状が出ないかどうかを確かめておくことも大切です。
病院での血液検査RASTは保険適用になりませんので高額になります。

また皮膚の表面を針で軽く刺して検査するプリックテストもあります。
判定したいアレルゲンを触れさせて反応が出るかどうかを見るテストで15分ほどで結果が出ます。
赤みやふくらみの程度でアレルゲンの強さを見ます。
近くに検査できる病院がなかったり、時間が無い人には自宅で血液を採取して郵送で検査をするキットも販売されています。
抗体の量とアレルゲンのレベルの組み合わせで判定されますので症状の出方には個人差があります。
単に抗体を持っているだけの人もいますし、原因が特定されていないから猫のせいにされているという点も注意が必要です。

関連記事