• ホーム
  • 市販薬であるクラリチンEXの効果について

市販薬であるクラリチンEXの効果について

花粉

クラリチンはロラタジンを主成分とする抗ヒスタミン薬の市販薬です。
花粉症などのアレルギー性鼻炎に効果があります。
以前から販売されていて、最近新たに大正製薬の市販薬として発売されました。
特徴として花粉症などに使われる抗ヒスタミン薬において非常に眠くなりにくく、集中力や判断力・作業効率などの低下が起こりにくいことがあげられるでしょう。
クラリチンは1日1回の服用で効果が持続することが可能です。

クラリチンはもともと処方薬でしたが、当面市販薬において最も規制が厳しい「要指導医薬品」として販売されています。
「要指導医薬品」は薬剤師のいるドラックストアなどで販売できません。
クラリチンは花粉症やハウスダストによって引き起こるアレルギー性鼻炎症状に効果があり、効能効果として花粉やハウスダスト(室内塵)などの鼻のアレルギー症状を緩和したり鼻水や鼻づまり・くしゃみなどを改善することが可能です。
花粉やハウスダストといったアレルギー原因物質が体の中に侵入するとヒスタミンアレルギーを起こす物質が放出し、体内の受容体に作用することから鼻水や鼻づまり・くしゃみなどが起こるようになります。
クラリチンを服用することによってヒスタミンの受容体を阻害したり、アレルギー症状が起こることを緩和することが可能です。

クラリチンにはいくつか副作用があり注意喚起がされています。
例えば皮膚では発疹やかゆみ、じんましんや皮膚が赤くなるなどの症状が起こることがあるでしょう。
呼吸器ではのどの痛みや鼻の乾燥感などを感じることがあります。

病院などでは購入することができないので、インターネットを利用して個人輸入代行サイトで購入することが可能です。
最近ではいろいろな薬剤サイトが存在し、比較的リーズナブルな価格で購入することができました。
薬剤サイトを比較検討すると、かなりコストを抑えて商品を注文することができ、自宅にいながら購入できるので便利です。

クラリチンはほとんど副作用が発生しない?

花粉症やハウスダストは様々な症状を引き起こします。
体内に異物が入り込んでくると原因物質であるヒスタミンが放出され、神経や血管に作用してアレルギー症状を生じさせます。
慢性的な鼻づまりやくしゃみ等で苦しんでいる人も多いです。
この様な症状に対して病院では抗ヒスタミン薬が用いられますが、副作用の問題があり敬遠する人もいます。

ヒスタミンは脳内で集中力を維持する為には不可欠な物質なので、薬の効果で眠気が強くなるからです。
しかし最近市販薬として大正製薬から発売された抗ヒスタミン薬ロラタジンを主成分とするクラリチンは薬の効果を脳内に及ぼす事なく症状を緩和させる事が可能です。
眠気による副作用で仕事や学業に支障をきたす事なく利用する事ができます。
しかも早い段階でクラリチンを利用する事で原因物質であるヒスタミンの放出が抑えられるので、より効果が高まります。

1日1回でも効果がしっかり持続してくれるので、毎日決まった時間に服用すれば安心です。
クラリチンはかつて病院でしか扱われず、個人輸入等でしか入手する事ができない薬でしたが、今では病院で処方される抗ヒスタミン薬と同量で同成分の商品をドラックストアで簡単に購入する事ができます。
クラリチンを花粉の季節に合わせて早めに利用すれば、アレルギー症状に苦しむ事なく生活する事ができます。
そしてアレルギー症状を防ぐには日頃から部屋の中を小まめに清掃する事が大切です。
掃除機に頼り過ぎた清掃方法を見直し、ぞうきんがけを小まめにするのも良い方法です
ハウスダストの中にはダニも含まれているので、同時にダニ駆除もしておく事が必要になる場合があります。
更に食生活に気を配り、日頃から適度な運動を習慣化して体質を改善するのも効果的です。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ