• ホーム
  • 子どものアレルギー症状に気付くことが大切

子どものアレルギー症状に気付くことが大切

自分が子どもだった頃のことを思うと、今の子どもがアレルギーを起こしやすくなっていると感じる親は多いです。
アレルギー体質にはたくさんの原因がありますが、できれば子どもの苦しむ姿は見たくないのが親心というものです。
症状がわかりやすければ、すぐに何らかの対処をすることもできますが、意外に気づかないこともあります。

わかりやすいアレルギーの症状は例えば、皮膚の湿疹、目のかゆみ、喉が腫れる、くしゃみ、鼻水、唇が荒れるなどです。
普段はあまり見られない症状であれば、その変化には気付きやすく、対処もしやすいです。
問題はそうでない場合で、変化が乏しかったり、知識がなかったりすると気付くことが難しくなります。
子ども自身も気付くことができていないことが多く、何故かわからないけど苦しいというかわいそうな状況に陥りがちです。

そもそも我々の体には、免疫機能が備わっています。
外から入ってきた異物を排除しようという機能です。
免疫は、外部からのウイルスなどから我々の体を健康に保ってくれるために不可欠な存在ですが、時にこれが過剰に働くことがあります。
身の回りの、人間にとっては害とは言えない刺激にさえも過剰に反応してしまうことで、かえって体に害を及ぼしてしまうという事態を呼び込みます。

異物に対抗する抗体として体の中でタンパクが作られ、アレルギーの原因に対して過剰に反応することで、体に支障をきたしてしまうのは、苦しいことです。
しかも、症状の出方は人それぞれなので、中にはなかなか気付くことができなかったり、アレルギーとは別の反応だと判断してしまうこともあります。
原因がわかっていないため、特定の刺激が加わるたびに何度も繰り返すことになり、その都度子どもは苦しい思いをします。
治療をすることなく放置しておいても、アレルギーは良くならないことが多いので、原因に気づくことができないと、苦しみは長引きがちです。
こんな事態を避けるためには正しい知識が必要です。

意外!実はこれもアレルギーによる子どもの症状

アレルギーによる子どもの症状は実に様々です。
最も分かりやすいのはかゆみです。
体をボリボリとかきむしっている子どもを見て、何も感じない親はいません。
何らかの原因があると考え、対処できます。
一度だけではわからなかったとしても、何度も繰り返すうちに特定の刺激があることに気づくことも多いです。

しかし、それでもわかりにくい症状も少なからず存在しているのが現実です。
例えば、便秘などもその一つの例として挙げられます。
子どもが便秘になった時に親がとる行動としては、食物繊維が多いものを食べさせたり、ひどい場合は薬を服用させたりという対処です。
アレルギーで便秘になってしまう症状が難しいのは、時間が経てば治ってしまうことが多い点です。
アレルゲンがなくなれば、症状は治まります。
治まってしまうために気付くことができないというジレンマに陥ることもしばしばです。
大切なのは正しい知識です。

可能性の1つとしてアレルギーによる便秘があることを知識として持っていれば、疑うことができます。
それによって対処の幅は大きく広がります。
知ると知らないでは大違いです。

症状として、さらに深刻なものがあります。
例えば、呼吸困難です。
喉をヒューヒュー鳴らして肩で息をしている子どもを見るのはとても辛いことです。
できることなら代わってやりたいと親なら考えるはずです。
呼吸困難の原因がアレルギーだと気付くことができなければ、対処も遅れます。
その結果、命に関わるリスクさえ考えなければなりません。
アレルギーによって呼吸困難が引き起こされることを知っていれば、対処の幅は大きく広がります。

子どもの未来を守るために、知識の引き出しは多いほど良いです。
アレルギーの症状に対していかに対処するかは、冷静に知識や経験を生かせるかがポイントになります。
呼吸困難や便秘など、アレルギーの意外な症状を知っておけば、リスクを少なくすることができます。

関連記事