• ホーム
  • タリオンの副作用は眠気やむくみなどが挙げられます

タリオンの副作用は眠気やむくみなどが挙げられます

タリオンは第2世代抗ヒスタミン薬で、成分にベポタスチンが配合されています。
アレルギー性疾患の症状を誘発するヒスタミンの働きを阻害することができ、アレルギー性鼻炎、じんましん、湿疹、皮膚炎など皮膚疾患に伴うかゆみの治療に使われています。
花粉症のアレルギー症状の原因となるヒスタミンをブロックして、症状の発症を緩和させます。
また花粉症のアレルギーの症状以外にも皮膚のかゆみ、湿疹、じんましんなどにも効果があり、効果の高さに比べると副作用の眠気も少なく即効性も比較的あるので花粉症の症状に処方されることが多い薬です。
比較的安価なため利用しやすい後発薬ですが、先発薬のタリオンには今のところ後発薬はありません。
以前からタリオンの後発薬は販売が検討されていますが、販売開始の時期は未定です。

タリオンは他の花粉症の薬よりは眠気の副作用は少ないものの、抗ヒスタミン薬の共通の副作用である眠気は薬の種類によって出やすさが異なり、タリオンは出にくいものの、人によっては辛いと感じる眠気がでることがあります。
服用しているときは自動車などの運転には注意が必要です。
眠気以外の副作用がでる可能性があり、むくみ、頭痛、倦怠感、口の渇きなどがあらわれることがあります。
これらの症状があらわれた場合には医師に相談します。

タリオンの製薬会社による公式の情報では、アルコールとの併用についての記載はないため、タリオンを服用している際にアルコール類を摂取しても問題はありません。
一般的に薬とアルコールを一緒に飲むことは推奨されないことなのでベポタスチンが配合されているタリオンを摂取する際、アルコール類を飲むときは時間の間隔を空けて飲むことが安全です。
毎日アルコールを飲む習慣がある場合には医師に相談することも必要で、医師からアドバイスがあった場合にはそれに従い服用します。
頭痛の際に市販薬を飲むこともありますが、タリオンには相互作用があるものは特にないため、頭痛薬との併用も問題はありません。

タリオンの飲み合わせと服用における注意点とは?

タリオンを服用する際に飲み合わせで気をつけたい薬品は、タリオンと同様のカテゴリーである抗ヒスタミン薬です。
主成分であるベポタスチンベシル酸塩は、アレルゲンが体内に入って肥満細胞から伝達信号として出されるヒスタミンの活動をブロックすることで症状を抑制します。
同様の抗ヒスタミン薬を併用すれば薬効が2倍になると思いきや、血中濃度が高まるだけで薬効は特に向上しません。

それよりも、眠気や口渇といった抗コリン作用が強まる可能性が高いです。
薬剤の効果は増さず、副作用だけが増えるという結果に繋がるため、安易に抗ヒスタミン薬を併用するのはやめましょう。
ただし、じんましんや発疹などの症状に関しては異なる抗ヒスタミン薬の重用や、用量の増量を指示されるケースもあります。
タリオンの錠剤タイプであれば1日に2回、つまり10mg錠を2回に分けて服用するのが正しい用法であり、朝夕食後の服用が一般的です。

後発の製品ということもあり、副作用を極力抑えた作りであるため、対象年齢は7歳からと広めに開発されています。
通常の眠気や口渇などの抗コリン作用であれば様子を見る程度で良いですが、むくみや頭痛など副作用が強めになってきたら服用を中断して医師に報告する必要があります。
服用における注意点として、いくら副作用が抑えられているといっても眠気や集中力の低下が起こる可能性は十分あるという点が挙げられます。
車の運転前や高所作業前は、念のため注意を怠らないようにしてください。
妊婦・授乳婦に関しては安全性が確立していないため、処方箋を受け取る前に必ず医師に報告して別の対処法を探るようにしましょう。
他の抗ヒスタミン薬ほどアルコールの併用に関しては神経質にならなくても良いですが、服用期間中はなるべく控えた方が賢明です。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧